LAKUDA HOTEL

2019.05.12

わたしの軸につながる場所 by Lin

△2019.05.12 上弦の月🌓
基礎を固めた時期から行動に移す時期

「LAKUDA HOTEL bekkan/わたしの軸につながる場所」は、
新月から満月まで、満ちていくエネルギーで、満ちるおむすびをむすんでいます。

●新月の新しいことをスタートする気持ちと新しいエネルギーで、
そして、満月に向けて満ちていくエネルギーでむすんでいたい

●むすび人も食べる人も、
月の満ち欠けを意識することで、どこにいたとしても、
自然のリズムを感じて暮らしていられたら良いな

と思っています。

*
*

 

▲「わたし」にとってのおむすび 
氣(エネルギー)をこめてむすぶことで、
自分自身を整え、満ちた気持ちになり、五感が研ぎ澄まされ、
わたしの軸へとつながっていくもの

▲「だれか」にとってのおむすび 
だれかがだれかのために素手でむすばれたおむすびは、
あたたかな氣(エネルギー)が込められ、五感に響き、
満ちた気持ちになり、食べた人自身の軸につながっていくもの(であると良いな)

*
*

月のリズムで暮らすこと、おむすびのこと、
「わたしの軸につながる場所」から気ままに綴っていきたいと思います。