Artland Iki PJT

Celebrate our diversity !
~多様性をセレブレート(祝福)しよう!~

自己紹介

高間 るみ/Rumi Takama
父は壱岐人、母はマレーシア人。壱岐の高校を卒業してから現在に至るまで、人生の半分以上が海外生活。ニュージーランドでの学生生活を終え、日本で子供英会話の講師をした後、英国へ渡りNGO団体オックスファムでボランティア活動。オックスフォード大学のビジネススクールでアシスタント業務をしながら、結婚、出産、子育てに奮闘。2010年から夫の赴任先となったインドネシアバリ島へ家族と渡り現在に至る。母として動き回りながら、自身のブランドJALAK BALIプロダクトの制作、ゲストハウス運営、家族と共に古材からツリーハウスを建築したり庭を造ったり、よりサステイナブルで自然に適応した暮らしを試行錯誤中。藍染はライフワークであり、手を真っ青にしながら生地を染めている時が最も心地よく幸せな時間。

なぜ、壱岐YOYOに参加をしたのか?

神々の島と呼ばれる壱岐とバリ島を行ったり来たりする中、壱岐でも何か始めたいと思っていたタイミングと藍染を始めたタイミングで、自らの「ただただ好き」なことである“島xアートで、多様性x無限に広がる可能性“を実現できそうな壱岐YOYOプロジェクトに出会ったので。つまり、自分が大事にしてきたことと壱岐YOYOの質感がリンクしたから。

何をしたいと思っているのか?

写真の中央にある柄が七宝柄です。

円と円が重なり永遠に連鎖し繋がる七宝柄のように、ご縁が重なりよりカラフルにより豊かな交流が生まれる島、壱岐に。また、重なる円にも、4枚の花びらが隣接するようにも見える七宝柄のように、

 

これって、こうやってできるんだ!

これって、楽しい! これって、便利!

こんな考え方もあるんだ

これって、あれにも適応できるかも!

 

と、物事には1つでない見方があるという気づきに。

=多様性(可能性)の発見!

 

そのためにアートなワークショップを開催し、多様な人・文化・アイディア・スキルの交差点となり、学校では学べないボーダレスでリアルな学びの場を創作。

具体的には大きく2つの切り口からワークショップを実施。

①島内からのワークショップによる交流

島内の“名人”さん達が、モノ作り、アクティビティ、ライフスタイルにおける多様性をそれぞれの分野で指導。

②島外からのワークショップによる交流

島外、海外からもアーティストを招き、名人として壱岐でワークショップを開催。

 

島内外からの刺激を受け、ポジティブな連鎖が始まるコミュニティを広めたい。

なぜ、それをしたいのか?

私自身の長い海外生活経験から、文化・暮らし方・言語・宗教・考え方・基準の多様性を知ることは、豊かな交流を生み、様々な問題へのアプローチや解決のきっかけとなると感じている。

家庭の外、自分の暮らすコミュニティの外、島外と、その先にある世界はとてもとても広い。多様な暮らし方・生き方の選択肢を知るきっかけがもっと増えれば、さらに素晴らしい交流が生まれ、特にユース世代にとって夢や目標への進み方、数ある問題解決へのアイディアが生まれるのではと思っている。私自身が藍染のワークショップを通してそんな豊な出会いや交流や気づきを体験していることから、多種多様な名人さんによるワークショップがそんなきっかけ作りの場となると信じている。

どんなビジョンか?

未来を担う子どもたちがハッピーに安全に暮らしていける地域・システム・国・環境・地球をつくりたい。

具体的にはアート(ワークショップ)を通した交流によって、モノが作られる工程の楽しさ、大変さ、貴重さをシェアし、それをきっかけに、暮らし方・生き方の多様性(可能性)を知ることが出来る。その多様性を知ることが豊かな人間関係や交流を生み、色んな意味での世界の平和に繋がっていくと信じています。

是非ご協力を!

私が基本はバリで暮らしており、壱岐に滞在できるタイミングが、年4回(4月1週間、6月7月、10月1週間、1月1週間)ほどを想定しているため、壱岐島内での協力者を探しています。

具体的には、愛と情熱と哲学を持って好きな事に取り組んでいる島内外の名人さんを是非紹介してください!また、ワークショップスペースの発掘、ワークショップを一緒に運営して頂ける方とも出会いたいと思っています。

※全てのPJTについて、ここに書いていることが全てではなく、あくまで2019年6月現在時点での構想の一部になります。つまりこれが完成系ではありません。(そもそも完成はありません。)そのため、今後トライ&エラーを繰り返しながら状況に応じてどんどん変化していきます。