もくもく PJT

ひとりだけの豊かな時間を

自己紹介

那須 祐助/Yusuke Nasu
世間が就職活動で盛り上がりをみせる大学時代、なんとなく違和感をおぼえてすべての就職活動をやらないことに決める。卒業後、1年間ちょっとひきこもり読書生活をおこなう。1日1冊をこえる質の低い多読スタイルで自分と向き合う時間をとり、しっかりと頭でっかちになる。トイレにまで本を持っていき、集中すると何時間も出てこない、そんな生活を送ることでお尻にダメージが蓄積し、人生初の切れ痔を経験。現在は完治。自由に生きるために起業しよう!と1年間の自己対話の成果にしては浅はかすぎるありがちな結論に達してしまい、社会勉強として企業のオフィス移転をサポートする不動産会社に就職。同業種で独立起業。起業して半年後、なんか違うかも、とまたも違和感を覚える。違和感を解消するため、複数のしごとに関わることに。障がい者の就労支援にかかわりながら、日本のうつわを広める事業をおこなっている。日常の食卓に、手仕事の美しい日本のうつわが並ぶ世界はきっとステキだろうと思い、わくわくしながら活動中。

なぜ、壱岐YOYOに参加をしたのか?

市場のニーズや世の中の課題を解決しながら成長を続けるなかで、ふと外にばかり目を向けている自分に気づく。自己の内面からもくもくと立ちのぼる、けむりのような、無色でつかみどころのないものに、形や彩りを与えることができるかどうか。自分とあらためて向き合うチャレンジをしたいと思い参加することに。

何をしたいと思っているのか?

毎日やること、毎週やること、毎月やること、

社会のルール、会社のルール、家庭のルール。

日々、やらなければいけないことが多すぎて

本当にそれって重要なことだっけ?と振り返る時間もとれない。

 

ちょっと違和感を覚えても、

すぐに携帯に目がいき、また元の日常に。

気づけば毎年同じようなことをしている・・そんな経験はありませんか?

 

どうせなら日常からはなれた場所に

ちょっとだけ立ち止まるための

ひとりになれる素敵な空間があったら。

 

そんな空間を

壱岐というほどよく小さな離島に作ろうと思っています。

 

壱岐は海岸線が一周167.5km、南北17km、東西14km。

離島という非日常感たっぷりの空間の中に

自然にかこまれたシンプルで暖かみのある空間をつくります。

 

僕のように家やトイレにこもってみるのもいいけれど

どうせ立ち止まる時間をとるなら離島のステキな場所で。

 

火をぼーっと見ながらのんびりすごしてみたり

寝転びながら本を読んで、

ねむたくなったら寝て、をくりかえしてみたり

おなかがすいたら島の食材をひとつひとつ

七輪で焼いてゆっくりと味わいながら食べてみたり。

 

島を離れたとき

きっと新しいことは何も学んでないけれど

もともとあった何かに気づいているかもしれません。

 

ぜひ、ひとりの時間をすごしに壱岐にきませんか?

なぜ、それをしたいのか?

高校卒業後、大学卒業後、独立後。

その時々で感じたわずかな違和感をそのまま放置することができず

立ち止まって考える「ひとりの時間」を自然ととるようにしていました。

 

僕の場合は、立ち止まるひとりの時間が半年とか1年も必要で

人と比べたときに1歩遅れた人生を送ることになったけれど

「本当の自分に近づく」

そんな貴重な機会になっていたと感じています。

 

本当は半年や1年。

少なくとも数週間はのんびりしてほしいけど

どうしても難しい人には数日でも数時間でも。

 

ひと呼吸おくための居場所を

ひとりで過ごす豊かな時間を

日常の中に用意できたらと思います。

どんなビジョンか?

みんなが本当の自分を生きているといいなと思います。

ふとした瞬間に違和感を感じたら、ひとりの時間をとるようにする。

ひとりの時間を過ごすことで、考えがまとまり、本当の自分を思いだす。

何かに没頭する時間を過ごすことで、自然と整い、活力がみなぎってくる。

結果として、日常生活が好きなことにあふれた、しあわせな時間で満たされていく。

そんな、循環が生まれるとよいなと思っています。

是非ご協力を!

○ 山仕事に興味があるひと

ステキな空間を作るために、まずは素材から!ということで木材調達のために週末林業始めます。活動に参加したい方はぜひ。壱岐の放置された山林を整備し、山をキレイに整えながら、素材も確保する。よい循環をつくれるように活動して行きます。

 

○ 炭作り、薪づくり、小屋づくりに詳しいひと

良い素材があっても加工ができないと・・・。火を見ることが好きなので、燃料となる薪づくりや炭づくりをおこないます。自然の中でいい時間をすごすために、小屋づくりも行ないます。お手伝いしていただける、師匠になっていただけるステキな大工さん、炭職人さん、ご協力お願いします。

 

○ 和食の料理人、おいしい料理を作れるひと

美味しいものを食べて暮らしたい。壱岐の食材を上手に調理してくれる和食の料理人さん、僕のご飯を作りにきてください。壱岐でのおもてなしでお返しします。

 

○ 昼寝が好きなひと

昼寝が好き。朝起きた瞬間から昼寝をすることがたのしみなほど昼寝が好き。昼寝をよりよくしたい。昼寝がもっと楽しくなる方法、壱岐で一緒に最高の昼寝スポットを作りたいひと、ぜひお声がけください。

 

※全てのPJTについて、ここに書いていることが全てではなく、あくまで2020年6月現在時点での構想の一部になります。つまりこれが完成系ではありません。(そもそも完成はありません。)そのため、今後トライ&エラーを繰り返しながら状況に応じてどんどん変化していきます。