Anjali Life PJT

今ある全てと繋がり自然と調和して生きる

自己紹介

荒木 愛弓/Ayumi Araki
旅するヨガインストラクター
10代前半から日本独特の常識に退屈さを覚え高校卒業後、単独で海外に放浪に出る。フィリピンで語学留学、日系IT企業のインターンを経験。旅を通してセブ島にいるストリートチルドレン、海と共に生きる漂流民族バジャウ族の生活に触れ彼らから人間本来の生き方を学ぶ。バックパッカーで訪れたインドで本場のヨガに出逢い「今に集中して生きること」「心と身体の繋がりの大切さ」を体感し、ヨガの聖地リシケシにてRYT200を取得。外側からのアプローチだけでなく、内側から一人一人のカラーで豊かに輝ける調和した生き方をシェアしていきたいと想い今に至る。ヨガで繋ぐ世界の子供達の未来に向けてチャリティー活動も行なっています。自然を感じられることが好きです。特技は、どこでも寝られて生きていけること。

なぜ、壱岐YOYOに参加をしたのか?

壱岐に初めて着いた瞬間からフィーリングで壱岐が好きと感じました。そんな大好きな壱岐で自分が大切にしている想いを形に表現できる場を与えてくれたのが壱岐YOYOでした。壱岐YOYOのコンセプト自体にも新しい可能性を感じたからです。

何をしたいと思っているのか?

壱岐の美しい自然、豊かな食、個性豊かで温かいアットホームな島の人々、この島がすでに持っている良いエネルギーを最大限に活かし五感を使いながら本来の自分と深く繋がるヨガリトリート、ワークショップなど開催しこの空間を共有した仲間や自然、今ここにある全ての繋がりを感じられるような笑顔溢れる温かな空間の場を提供したいです。人との距離を身近に感じてもらうコミニュティになっていけばいいなと思っています。また、地球に調和して過ごすライフスタイルを伝えていくこと。大きくいえば世界を自分の目で見て五感を使って体感していくことの大事さ、情報が溢れている世の中だからこそ自分自身で経験し考えて行動する力、自分にしかない感性、想いを大切にしながら生きていけるということを壱岐YOYOを通して伝えていきたいです。

なぜ、それをしたいのか?

シンプルに心から自分の人生を楽しみ生きる人が多ければ多いほど面白い世の中になっていくと感じていてありのままの自分自身、すでにある可能性に気づき生きることが、本来私たちがこの地球に生まれてきた意味だと想うからです。また人との繋がり、コミュニティの中で生まれる新しい発見、楽しさ、可能性は無限大であると感じています。

どんなビジョンか?

心や身体が健康である人が増え一人一人が持っている可能性を最大限に活かせれる世の中。自分自身を丁寧に扱い心から満たされ豊かであれば結果的にそれが周りや世界全体に繋がり平和な未来の実現。

※Anjali Life とは・・・
Anjali=インドのサンスクリット語で合掌の意味をもち左右相対したものがひとつになることで調和した世界を表します。それに加え、Life=私たちが今生きてる自分自身の人生、自然やあらゆるものと調和を目指し生きること、また全てのことに感謝する意味を込めています。

是非ご協力を!

一緒にコラボしてリトリートをデザインしていける方。

※ヨガインストラクターでなくても構いません。何か楽しそう、面白そう!と感じたら是非ご連絡を!

お気軽にお問い合わせを:anjalilife333@gmail.com

Instagram:yoga_ayumi

Blog:Anjali Life

※全てのPJTについて、ここに書いていることが全てではなく、あくまで2019年6月現在時点での構想の一部になります。つまりこれが完成系ではありません。(そもそも完成はありません。)そのため、今後トライ&エラーを繰り返しながら状況に応じてどんどん変化していきます。